団体

慰安旅行が毎年の何よりの楽しみになっている…そんなサラリーマンの方も多いのではありませんか?時間や、経済的な都合からなかなか個人的な旅行に行けず、慰安旅行だけが羽を伸ばし、リフレッシュするチャンスになっているという方も少なくないようです。
そんな慰安旅行ですが、楽しみにしていたのに、いざはじまってみるとガッカリだった…そんな経験はありませんか?旅先の選び方や、旅館の選び方によっては、せっかくの慰安旅行が台無しになってしまうこともあります。
そんな慰安旅行の幹事となれば、責任は重大です。では、どうすれば満足度の高い慰安旅行にすることができるのでしょうか?ここでは、いくつかの角度から、慰安旅行をもっと楽しいものにするための方法について考えてみたいと思います。

行先はどうする?やっぱり定番の温泉地が一番?

サルと露天風呂
最初に決めなければならないのが行先です。慰安旅行ですので、日数や予算は限られていますが、それでも選択肢はかなりあります。そこで、まず迷ってしまうという方も多いでしょう。
せっかくの旅行なのであまり知らないところへ行きたい…そう考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり定番の人気温泉地などが無難です。あまり変な場所を選んでしまうと、移動に時間がかかってしまったり、旅館が団体旅行になれておらず、十分なサービスを受けられないこともあります。それに対して、定番の温泉地などであれば、各地からの移動手段も比較的簡単に確保できますし、慰安旅行にぴったりの旅館を見つけることができるでしょう。
そもそも、定番になっている場所は、慰安旅行をするのにぴったりな場所だからこそ、定番となっているのです。これを頭に入れて行先をチョイスしましょう。

旅先ならではのお楽しみは宴会で

旅先の上手い酒
旅行と言えば、観光しなければならない!そう考えてしまう方も多いようです。確かに、ちょっとした観光はスケジュールに入れておくべきでしょう。ですが、あまりにスケジュールを詰めすぎてしまうと、慰安旅行で逆に疲れてしまうことになります。
そこで、観光などのスケジュールは緩めにして、旅先ならではのお楽しみは、宴会に盛り込むようにしましょう。会席料理にご当地メニューを取り入れたり、地酒や地ビールなどを用意するだけでも、十分に旅行気分を満喫することができることでしょう。

宴会時にはコンパニオンを呼ぶのも一つの手です。
その中でもハイグレードなサービスをするのがピンクコンパニオン!
慰安旅行でピンクコンパニオンをよべば、旅行する人たちのモチベーション上げにもつながり良き効率化ツールとして使えます。

ただ、自分で企画すると特殊な市場なので専門の代理店に依頼するのが一番無難です。

オススメのサイトは、

ピンクコンパニオンやスーパーコンパニオンも取り扱っている宴会コンパニオン旅行

がおすすめですので、是非利用して見てください。

またここでご紹介したポイントをしっかりと頭に入れておけば、きっと満足度の高い慰安旅行にすることができるのでよき旅を計画してください。